2011年04月25日

シーベルト シーベルト シーベルト

4月20日夕、雨。若干の医薬品等を積んで、新潟・八海山より南会津に入る。深夜、霧の188号線を一路大内宿の知人宅へ。古(いにしえ)の家屋に泊まる。麻の栽培についての蘊蓄-----。 
21日快晴也、南会津の空はかぎりなく蒼い。
歴史の皮肉か、カルマか、悪魔の杖シーベルトに乗っかって長州賊・管が会津-福島殲滅を図ろうとしている。
福島から人を県外に出すな! 福島を籠城攻めにしろ!と、いち早くガソリンの供給をストップしたのだ。
白虎隊の鮮血が、悪魔の杖シーベルトを真っ赤に染め上げる会津の城壁は堅い。
 ここ会津には原発被害者が大勢避難して来ているという。

車の窓を閉め、マスクをし、エアコンの外気を遮断して磐越道を走る。 
磐梯熱海を少し過ぎると、シーベルトが強くなってくる。目がチカチカする。 
空気が澱んでくる、というより空気が曇ってくる。 
郡山JCTで空が一変する。雲がないのに曇り空なのだ。

点滅ライトを回転させた警察の車列、災害派遣のステッカーを貼った自衛隊の車列が何台も行き交う。 
花弁にべたっと引っ付いたシーベルトを剥がしたいかのように、満開の枝垂れ桜が伴走する。深い沈黙が支配する。

二本松のインターが近づいてきた。聞きに勝るきついシーベルトだ。
二階建ての家屋がちらほら見える。シーベルトの下、ずっと続くであろう普通の生活があるのだ。 
福島西インターでK君と落ち合い、原発の様子を聞く。UFOの基地が遠望できる。そのせいか シーベルトは低かったとのこと。
フルーツ街道を走って次なる訪問地、飯坂に向かう。悄げ返える満開の桜、咲き誇るピンクの桃の花、爛漫たる色彩の横溢------。 
399線が崖崩れのため、通行止めになっており、アーユルヴェーダ薬草園に行けず、福島市内で落ち合う。ここもシーベルトがきつい。 
シーベルト除けのホーリーバジル一鉢運動の打ち合わせを済ます。 
再び、東北道、磐越道と走り、会津のホテルに戻る。痰がぽろっと出る。シーベルトが出た。 
22日小雨。仙台へ。仙台南でS君と落ち合い、名取市へと向かう。30分ほど走ると瓦礫の山が見えてきた。海岸への道は通行止めになっており、誰何される。自衛隊と瓦礫の山以外、人は誰もいない。“本当に”漁船が人家に突っ込んでいる。 



CIMG1648.JPGCIMG1642.JPG 


わりなのか、終わりの始めなのか。2012年に向けて大地は裂け、津波が大きな口を開ける。
太陽は、巨大フレアを爆発させ、地球に電磁波をどっと吐き出す。
電磁波は、アジュナーチャクラから入ってアナハタチャクラに溜まる。そして呼吸器系疾患、心臓疾患にやられる、といわれている。

目覚めた人は、地震、津波、シーベルト、電磁波から護られるという話が一人歩きしている。
目覚めたいがために、そう、死の恐怖から逃れたいがためにお務めに励んでいらっしゃる-------。
分厚い鉛の霊服でも着せてくれるというのか。ギバーは、突撃隊ではなかったのか。
何のことはない。目覚めたいがために、そう、死の恐怖から逃れたいがためにお務めに励んでいらっしゃる-------。
ギバーは、死んでもシーベルトを摑んで離さなかった、のではなかったのか。
帰路の東北道、青くキラリと光るものがフロントガラスの前に落下した。プルトニウムか。

CIMG1641.JPG

posted by 巫山 at 22:07| ディクシャ日記